FC2ブログ
2018 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 02

三日とろろ

kage

2019/01/03 (Thu)



箱根駅伝を見ながらの三日とろろ

DSC_1564.jpg

孫が二人帰ってくるので

そろそろチャイルドシート着けようかね

平成31年1月1日 元旦

kage

2019/01/01 (Tue)



新年明けましておめでとうございます

DSC_1560.jpg

年末感謝の気持ちを考えているうちに

ちょこちょことあったりで

伝えられず

DSC_1561.jpg

さてと昨年の初投稿と変わらず、畑のフキノトウの写真です

DSC_1562.jpg

今年もいろいろな出来事があって

一喜一憂するのでしょう

今年もよろしくお願いいたします

平成の大晦日

kage

2018/12/31 (Mon)



28日に帰省した娘が

ローストビーフを作ってくれた

ワインで合わせるのだろうが

ビールと冷酒でいただいた

なかなかの出来でした 旨マス!

DSC_1558.jpg



先日天皇陛下の会見がテレビに映し出されていた

天皇としての立場で会見するのは最後になるであろうという事だった

皇后様への感謝の気持ちをのべられた時は声が上ずっていました



日々感謝の気持ちを持ちながらなんて

できっこないので、せめて年末か誕生日くらいは

感謝の気持ちを言葉にしてみようと

考え中


孫達が帰ってくるのは

明けての3日

一緒に遊ぶおもちゃも買ったし

久しぶりに家族全員が揃うし

楽しみです


洗車しようと外の水道にホースをつないだが

凍ってた!

なんつまれ!


皆さまよいお年をお迎え下さい

今年最後のご訪問

kage

2018/12/31 (Mon)


今年最後の訪問だろうな

「心を込めて準備中」

終い忘れているな親方

DSC_1549.jpg

誰もいなかった

一服していると「心を込めて~」を持って玄関から親方が入ってきた

「よぉっ」だって

DSC_1550.jpg

だんだんと凝ってきているような気がする

寿司屋のオブジェ

DSC_1552.jpg

軽い肺炎にかかって10日ほど入院したとか

気を付けてくださいね、親方

DSC_1551.jpg

タコのから揚げ

DSC_1553.jpg

熱燗から焼酎のお湯割りを堪能して

ご馳走様でした

来年もよろしくお願いします

平成最後の年末

kage

2018/12/29 (Sat)



何かと忙しかったな

大きなプロジェクトを掛け持ちで

ワタワタだった

まだ終わっていないが

なんとか成功させたい




冬至かぼちゃ

おらいの奥さんは、こういう季節感はあるのだ

ありがたい

こういう食べ物が出てくるとホッとする

DSC_1508_201812290801332ce.jpg

松前漬け

DSC_1459.jpg



いただき物

飛露喜

この頃手に入らなくなったな

長年おつきあいのお偉いさんが

持ってきてくれた

見送りの玄関でこっそり紙袋を渡され

自宅で開けてくださいと

お正月用にとっておこうと思ったが

その晩に飲んでしまった

DSC_1461.jpg

DSC_1462.jpg



これもいただき物だが

せっかく送ってもらうのだから

自分好みのものをリクエストしている

夏はアサヒのスーパードライ

冬は純米酒

澤乃泉

DSC_1465.jpg


クリスマス

DSC_1525 - コピー

DSC_1530.jpg

ケーキをくどき上手

味わう

DSC_1534.jpg

合わないな

当たり前か

DSC_1532 - コピー


東京で

いつもの居酒屋で

今年最後の飲み

米鶴(山形)  七田(佐賀県)  神雷(広島県)  加賀鳶(石川県)

DSC_1535.jpg

大満足


ど~れと、仙台へ戻って忘年会だ

両国からの年末

kage

2018/12/26 (Wed)



ごくごく普通のマンションなのだが

近づいてみると

双葉山相撲道場

時津邪部屋の看板

なにかと騒がしい相撲界だが

ここは静かだった

DSC_1379_20181205052453e63.jpg

江戸廣の親父さんがは大の相撲ファンで

年に何回か国技館に来ているようだ

DSC_1381_2018120505245586e.jpg

道路を挟んた公園は

DSC_1384_20181205052459ff1.jpg

勝海舟生誕の地

DSC_1386_20181205052502903.jpg

DSC_1387_201812050525042f8.jpg

DSC_1388_20181205052505dcb.jpg

日本史に残る人物だろうな



両国駅に戻って併設されている

お土産屋さんに立ち寄る

ここにも霧島のお店があった

どんだけ儲けてんだっで話です

E99CA7E5B3B6.jpg

DSC_1394_20181205052612292.jpg




DSC_1389.jpg

実物大の土俵

DSC_1390.jpg

意外と小さかったな

DSC_1391.jpg

DSC_1392_201812021710539b0.jpg

DSC_1396_20181205052603565.jpg

DSC_1393.jpg


少し遠回りをして

打合せ会場へ向う

DSC_1397_20181205052605f0e.jpg

あの安田財閥の庭園かしら

DSC_1398.jpg

結婚式の会場になっているのか

何組もの新婚さんが写真を撮っていた

DSC_1399.jpg

DSC_1400.jpg


安田庭園の隣にあった

歴史に囲まれた

ごくごく普通の食堂

DSC_1401.jpg

打合せ会場からは

これから東京の歴史を見続けるであろう

東京スカイツリー

DSC_1402.jpg

年末だっちゃ

両国界隈を歩いてみれば

kage

2018/12/14 (Fri)



ねずみ小僧のお墓から歩いて3分

吉良上野介の屋敷跡

DSC_1375_20181205052447c9e.jpg

~ 時は元禄15年 ぺんぺん(三味線)

元禄15年12月14日 (旧暦) (1703年(1702年ではない)1月30日)
吉良邸に侵入し、吉良上野介を討ちとった(吉良邸討ち入り)。
この時討ち入りに参加した人数は大石以下47人(四十七士)である。
寺坂を除いた四十六人は、吉良邸討ち入りを幕府に報告し
幕府の指示に従って全員切腹した。


DSC_1377_2018120505245006e.jpg

吉良上野介の首を洗った井戸

みしるし洗いの井戸

DSC_1378_20181205052452d2f.jpg

仇討なのか、逆恨みなのか

討ち入りの原因も所説いろいろあるようで

旧暦では12月14日、今日の朝4時頃、赤穂の浪士は借り家を出発し

吉良邸に向かったそうです

両国界隈を歩けば

kage

2018/12/13 (Thu)



朝ご飯を食べ

コーヒー飲みながら

観光地図を見てたら

へ~両国って歴史的な人物の生誕地だったり

けっこう見るところがあったんです


最近なにかとお騒がせしている大相撲の両国国技館

DSC_1369_20181205052441d40.jpg


男前だし、人気があったな

E99CA7E5B3B6.jpg

地上8階 地下1階のビル全部が

ちゃんこ鍋の霧島

ビジネスでも成功していたのね

国技館のすぐ近くだし

お客さんも入るわな

DSC_1370_20181205052442b4a.jpg


ねずみ小僧のお墓

江戸時代実在した泥棒らしいが

盗んだお金を貧乏人の家に投げ入れたとは

書かれていなかったな

歌舞伎で義賊扱いされ人気が出たようで

普通の泥棒です

DSC_1372_2018120505244380c.jpg

数人の人がお墓の石を削っているんだけど

なんで

DSC_1373_20181205052444053.jpg

これを書くのにネットで調べたら

「お墓の石を削ると金回りが良くなるという言い伝えがあるようです」

ただの泥棒なのにね

DSC_1374_20181205052446df0.jpg







両国界隈を歩いてみた

kage

2018/12/08 (Sat)



この日は両国に宿泊

この辺に泊まるのは初めてかもしれない

駅周辺で横丁をぷらぷらしていたら

餃子の会館なんてあるのかしらと

近づくと

餃子会館磐梯山という普通のお店の名前でした

DSC_1367.jpg

DSC_1368.jpg

一人だし知らない場所だし

結局どこにも入らず

スーパーで夜食と寝酒を買って

ぐっすりと寝た

セリ鍋

kage

2018/12/05 (Wed)



根っこを食べるのも

一般的になってきたかな

DSC_1348_201812050511224ab.jpg

DSC_1349.jpg

そろそろ、ドンコ汁もいいなと思う12月